検索
  • ゆみ

子どもの本音を汲み取ること



「気持ちを分かってもらいたい」

きっと誰もがそうですよね。

大人も子どもも...

私もまだまだだけど、

子育てでは、子どもの本音をちゃんと汲み取ること、

とても大切だなと思うこの頃です。

息子とのことで感じたことです。

(写真は5年前のものだけど、好きな写真なんです)

今中2の長男が、先週から親元を離れて

本人にとってはなかなか大変な環境に飛び込んでいます。

2週間、遠くに行っています。

私もこんなに離れるのは初めて。


そこに至るには不思議な流れがあって、

きっと特別ないい経験になると送り出し

本人も行ってみたいとも言ったこと。


でも...

きっとその時は行きたいとは言ったのですが

その中には

行ったらお父さんとお母さんは喜ぶだろうなという、

自分の気持ち以上に親の期待にも応えたいという気持ちも

あったのだと思います。


大人のように

全てを自分で決めることができるのではない立場で

家族の思いも受け取り感じてくれているのが

子ども...と気づきました。


行く直前に、息子が少し不安定な気がして、

きっとこんな気持ちがあるんだよね

と子どもの本当の気持ちをできるだけ理解するように

真面目に話したら、とても素直に聞いてくれました。


やっぱり、本音を分かってもらえている

というのは違うんだなと、私も感じました。

大人は世の中に出て大変なことも色々と経験してきたからこそ

子どもへの愛が深いからこそ

色々と子どもにやってあげたいと思いますよね。

習い事でもそうですが、

子どもが知らないことを経験できる環境を作ることも大事...

でもその中の

子どもの本音や、純粋な優しさ、親への愛も

ちゃんと理解しないといけないなぁと思いました。

息子にとって楽しく貴重な経験であってほしいと

心から思いますが、

「あなたが行きたいと言ったのよ」ではなく、

頑張っている

息子のことも

ちゃんと「頑張って挑戦したね」と認めて

言ってあげられる親でいたいです。

目の前に戻ってきたら、この気持ちをすぐに忘れちゃいそうだから、書いておこう...笑

------

息子から

少し前にメールが届きました。

(携帯は預けていて使えないので)

簡単にその日の様子とともに

最後に

「元気でね」

「体に気をつけてね」

と書いてくれる息子の優しさが心に沁みます。

初めて長期間離れている親に、

なんて言ったらいいのか難しいのかもしれないけど

それが長男らしくて...

あと数日間、楽しめますように!!

#大切

#ありがとう

#家族

#当たり前の日々に感謝

#子育て

#育児